低温工学・超電導学会
九州・西日本支部
ホームページ

低温工学・超電導学会
九州・西日本支部ホームページ




低温工学・超電導学会 九州・西日本支部主催
H28年度 外国人著名研究者による特別講演会のお知らせ



 Russian Scientific R&D Cable Institute (VNIIKP)よりVitaly Vysotsky教授をお招きし、
"Recent progress and future prospects of superconducting technologies for energy applications
in Russia(ロシアにおける超電導技術のエネルギー応用の進展と今後の展望)"と題し
た特別講演会を開催いたします。Vysotsky先生は、九州大学の九州電力寄附講座(応用
超電導講座:1997~2002年度)の初代助教授(当時)として4年ほど福岡に滞在されて
おりました。研究分野では特に、超電導大型マグネットの安定性やクエンチ伝搬などで
顕著な実績を残されています。九州はもとより国内の多くの研究機関との共同研究の実
績も豊富で、大の親日家としても知られています。現在は、VNIIKPの線材・ケーブル
部門の所長として、欧州を中心とする大型プロジェクトでの導体製造開発などにおいて
中心的役割を担っておられます。最近では、ITERプロジェクトの超電導導体の製造・導入に
関して、ロシアの分担であるTFコイルならびにPFコイル用導体の20%を成功裏に供給する
など核融合応用に大きな貢献を成されています。また、液体水素とMgB2導体のハイブリッ
ド電力ケーブルの試験を世界に先駆けて成功させ、2012年にはロシア政府より科学技術賞
を授与されています。また、現在モスクワ物理電気研究所(工科大学)の教授を併任され
ており、若手人材の育成にも尽力されているところです。この度は、久しぶりに福岡に滞
在される機会を捉え、講演をお引き受け頂くことができました。本セミナーでは、超電導
電力ケーブルなど先進超電導材料を用いたエネルギー応用について、ロシアでの最新プロ
ジェクトを交えながらご紹介頂きます。超電導分野の研究者、学生の皆さんは勿論のこと、
どなたでもご参加できますので、多数のご参加をお待ちしております。

※車でご来学される方は、ゲートでの入構手続きの際に本開催通知をお示し下さい。
入構料が免除されます。

  • 日 時:2016年11月16日(水)14:50~16:20

  • 場 所:九州大学伊都キャンパス超伝導システム科学研究センター(1F) 会議室
           〒819-0395 福岡市西区元岡744 (リンク先の地図36番
     
  • 共 催:九州大学超伝導システム科学研究センター
         応用物理学会九州支部(予定)
  • 参加費:無料


    Recent progress and future prospects of superconducting technologies for
    energy applications in Russia

    Prof. Vitaly Vysotsky
    Director of Department of Superconducting cables and wires, “Russian Scientific R&D Cable Institute (JSC “VNIIKP”)”
    Shosse Entuziastov, 5
    111024 Moscow Russia


    VNIIKP is well-known R&D Institute in Russia and in the world. Our major task is R&D in everything
    whatever is more than one superconducting wire or tape: LTS cables, HTS assembled coating conductors,
    HTS and LTS current carrying elements, etc. We study basic properties of LTS and HTS wires, stability,
    AC losses, quench, etc. We perform developments: for example, power cables. We can do production:
    many LTS and HTS cables were developed and produced in our Institute. So, we combine research, development
    and production. In production, our major achievements are delivery 20% of conductors for toroidal field
    coils and cables for poloidal field coils of ITER we completed in 2015. Now, the new fusion machine,
    so called DEMO-FNS is discussed as continuing of fusion developments in Russia. We developed AC power
    cable with rating 20 kV – 50/70 MVA and 200 m length. It was biggest in Europe until 2014 when AMPACITY
    project started. Now we study so called triaxial cables that are good for low and medium voltage applications
    like utility power cables or cables for ship or aircraft propulsion. We developed and tested first in
    world prototypes of hybrid energy transfer lines that combine liquid hydrogen as a chemical energy source
    and superconducting MgB2 cable as an electricity source. Among our developments are windings for 1 MVA
    transformer made of newest coated conductors with interesting idea how to combine HTS tapes into high
    current transposed current carrying elements.
    In this presentation, we describe some details about projects mentioned above and future projects.



    問合せ先:木須 隆暢 九州大学 大学院システム情報科学研究院
    Phone: 092-802-3686
    Fax.: 092-802-3677
    E-mail : kiss@sc.kyushu-u.ac.jp


    新着情報

    過去のトピックスはこちらです。